紫外線対策(UVカット)が気になる

紫外線はお肌の大敵。真っ黒に日焼けしたお肌はいかにも健康そうなイメージががありますが、実際はお肌を痛めつけているに過ぎません。新陳代謝の活発な若い間は紫外線を浴びて黒く日焼けしても お肌は再生のスピードも速いのですが、そこで油断をして紫外線をたっぷりと浴びてしまうと、積もり積もった紫外線のダメージはあとになってお肌の老化を速めてしまいます。肌の乾燥や炎症など 様々なお肌のトラブルの引き金になっているのが実はこの紫外線なのです。 やはり若いうちからある程度の紫外線対策(UVカット)は必要です。

日焼けについて

日焼け(ひやけ)は、紫外線を皮膚に浴びることにより、皮膚が赤く炎症を起こす症状(サンバーンen:Sunburn)および、メラニン色素が皮膚表面に沈着すること(サンタンen:Sun tanning)をいう。

日焼けは通常太陽、稀に紫外線人工灯への過剰照射の結果として発生し、照射された紫外線がメラニンの保護能力を越えている時に、日焼けは起こる。メラニンの成分量は個人差があるが、一般に、より浅黒い肌の人々は色白の人より多くのメラニンを持っており、これは浅黒い肌の人は日焼けがしにくいことを意味している。

紫外線はUVA(長波長紫外線)、UVB(中波長紫外線)、およびUVC(短波長紫外線)に分けられる。

地球の大気中のオゾンを透過する間にはいくらかの紫外線が取り除かれ、UVCは大気によってほとんど完全に取り除かれるが、15分未満で日焼けが生じる程度のUVAとUVBは、十分に残っている。以前は、UVBのみが皮膚ガンの原因となると考えられていたが、UVAとUVB両方が皮膚ガンを起こすという説もある。

日焼け現象には2種類ある。紫外線にあたった直後には発症せず、2〜6時間後皮が赤くなり、痛みは6〜48時間の後に最もひどくなるサンバーン(sunburn)と、24〜72時間の間、色素沈着が進行するサンタン(suntan)である。日焼けが起こった3〜8日後に、皮膚が剥離し始める。

参考文献・・・・出典元: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

日傘は紫外線対策(UVカット)の基本アイテム

日傘の機能を考えたら当たり前のことなんですが、日傘を差しているととても涼しさを感じます。そして、日傘を差す最大の目的は涼しさを感じることではなく、降り注ぐ紫外線を防止することにあります。 紫外線対策グッズは様々なものがありますが、日傘は差しているだけである程度の紫外線を防いでくれます。これほど手軽な紫外線対策グッズはありません。

紫外線対策グッズの選び方

日傘は決して女性や年配の方だけのものではなく、若い人達の間にも確実に広まっています。特に若い人が日傘を選ぶ場合には、紫外線防止(UVカット)だけではなくてファッションアイテムとしての 使い勝手についても考える必要があります。また、日傘は日差しを遮るため使うものですから、日傘の生地があまり熱くならないものを選ぶ必要があります。 日傘の生地が熱くなると、日傘をさしているのにかえって熱さを感じるなんてことにもなりかねません。これらのことも考えて日傘を選ぶ必要があります。 また、日傘と同様の機能を持った紫外線対策グッズとして帽子があります。目的に応じて日傘と帽子を使い分けるといいかもしれません。

オススメの紫外線対策グッズ

※日経新聞で紹介されました

紫外線に気をつけて!UVチェックミラーボールチェーン(ブルー→グリーン)UV-002BL

紫外線対策最新情報


紫外線対策 UVカット UV対策 日焼け対策